主因

通常は水虫イコール足、特に足の裏や指の間に現れる病気だと捉えられていますが、原因菌である白癬菌が感染するのは足だけではなく、体のありとあらゆる部位にかかってしまう可能性があるので注意してください。 続きを読む

難聴

くしゃみや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の不快な諸症状は、アレルゲンである花粉の飛散している量に追従するように酷くなってしまうデータがあるとわかっています。 続きを読む

過度

悪性の腫瘍である卵巣がんは、本来、ヒトの身体をがんにさせない役割をする物質を創造するための金型ともいえる遺伝子の不具合が原因で発症してしまう病気だということが分かっています。
体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに役立つ糖、新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、過度の痩身ではこういった様々な活動をキープするために外すことのできない要素までも減らしてしまう。 続きを読む

紫外線A波

30歳代で更年期が訪れるとすれば、医学用語で表現すると「早発閉経(早期閉経)」という女性疾患のことを指します(日本では40歳以下の比較的若い女性が閉経するケースを「早発閉経(early menopause)」と言っています)。 続きを読む

神経細胞

チェルノブイリ原発の爆発事故の長期間に及ぶ後追い調査の結果からは、成人と比較して体の小さい未成年のほうが広まった放射能の被害を一段と受けやすいことが判明しています。
世間では水虫といえば足を連想し、こと足指の間に現れる病気だと思われがちですが、白癬菌がうつるのは決して足しかないわけではなく、体中どこにでも感染する恐れがあるので注意してください。
鍼灸用のハリを患部に刺す、という直接的な程よい多数の刺激が、神経細胞を興奮させて、神経インパルスという通称の要は電気信号伝達を起こすのではないかと言われているのです。
近年患者数が増加している花粉症とは、山の杉やヒノキ、ブタクサなどの木や草の花粉が因子となって、クシャミ・目や皮膚の痒み・ノドの痛み・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気だということは、今や常識となりました。 続きを読む

インフルエンザ

くしゃみに鼻みず、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛散している量に比例するように悪化の一途を辿るという性質があるということです。 続きを読む

バイパス移植手術

上が140以上、下が90以上の高血圧が長い間継続すると、全身の血管に重い負担がかかった結果、身体中のあちらこちらの血管に障害が巻き起こって、合併症を発症してしまう公算が拡大します。
20〜30才代で更年期になったとしたら、医学用語で表現すると「早期閉経(premature menopause)」という疾患に当てはまります(この国の場合40歳以下の比較的若い女の人が閉経するケースを「早期閉経(premature menopause)」と言います)。 続きを読む

ズドーン

緊張型頭痛というものは仕事や勉強などでの肩凝り、首のこりが要因の最も多いタイプの慢性頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような痛さ」「ズドーンと重苦しいような耐え難い頭痛と言われています。 続きを読む

自律神経

70代以上のお年寄りや慢性的な病を患っている人などは、より肺炎を発症しやすくてなかなか治らないというと言われているので、予防策の実施や早めの処置が重要だといえます。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変化が見られないのに、体重だけが食物の摂取や排尿等で短時間で増減する場合は、体重が増えたら体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減少したら体脂肪率が上がることがわかっています。 続きを読む