神経細胞

チェルノブイリ原発の爆発事故の長期間に及ぶ後追い調査の結果からは、成人と比較して体の小さい未成年のほうが広まった放射能の被害を一段と受けやすいことが判明しています。
世間では水虫といえば足を連想し、こと足指の間に現れる病気だと思われがちですが、白癬菌がうつるのは決して足しかないわけではなく、体中どこにでも感染する恐れがあるので注意してください。
鍼灸用のハリを患部に刺す、という直接的な程よい多数の刺激が、神経細胞を興奮させて、神経インパルスという通称の要は電気信号伝達を起こすのではないかと言われているのです。
近年患者数が増加している花粉症とは、山の杉やヒノキ、ブタクサなどの木や草の花粉が因子となって、クシャミ・目や皮膚の痒み・ノドの痛み・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気だということは、今や常識となりました。 続きを読む

インフルエンザ

くしゃみに鼻みず、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛散している量に比例するように悪化の一途を辿るという性質があるということです。 続きを読む

バイパス移植手術

上が140以上、下が90以上の高血圧が長い間継続すると、全身の血管に重い負担がかかった結果、身体中のあちらこちらの血管に障害が巻き起こって、合併症を発症してしまう公算が拡大します。
20〜30才代で更年期になったとしたら、医学用語で表現すると「早期閉経(premature menopause)」という疾患に当てはまります(この国の場合40歳以下の比較的若い女の人が閉経するケースを「早期閉経(premature menopause)」と言います)。 続きを読む