そういう場合

花の写真を勉強している方がいると思うので、機材のセットし方を載せてみる。

クローズアップ写真を撮る場合、三脚は必須。
普通の三脚でも低い位置で撮ることはできるが、専用のローアングル三脚を使えばさらに安定性が増す。

それに平型雲台を付ければさらに低位置でのヤミ金相談撮影が可能となる。

今回、前後左右の微調整をするための、マイクロスライダーも付けてみた。
花に接近して位置決めをする場合、思うように三脚が移動できないことがある。
そういう場合、これを使えば、わずかな位置調整ができるので、便利だ。

あと、接写リングを使っての撮影の場合、ピントの微調整にも重宝する。
花の撮影をする方は買っておくとよい。

マイクロスライダーは各種売られているが、大きいもののほうが安定する。
かくして撮影したものが、これだ。

未明から雨が降り出したようだ。
久しぶりにまとまった雨だ。

庭には、花が咲き誇っているが、中には花がしぼんでいるものもある。

雨が降ると花が生き生きして見える。