頬杖

高血圧(hypertension)の状態が長期間続くと、血管に強い負荷がかかった挙句、体中至る所の様々な場所の血管にトラブルが生じて、合併症を招いてしまう見込が高まるのです。
UVB波は、UVA波より波長が短いという特徴があり、大気中にあるオゾン層でその一部分が吸収されるものの、地表に達したUV-Bは肌の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を壊したりして、皮ふに良くない影響をもたらすことになります。
毎日横向きのままでTVを視聴していたり、長い時間頬杖をついたり、ヒールの高い靴等をよく履くという習慣的なことは体の左右の均衡を悪化させる大きな誘因になります。
脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂分泌の異常によって起こる発疹・発赤で、皮脂分泌の異常の要因としては男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの乱れ、ナイアシンなどビタミンBコンプレックスの不足等が大きいと考えられているのです。
コンサートやライブなどの場内やクラブハウスなどに置かれた非常に大きなスピーカーの真正面で大音量を聞いて耳が遠くなる症状を「急性音響性聴器障害」と称しています。
学校や幼稚園等の大規模な集団行動の中、花粉症のせいでクラスのみんなと一緒に外ではつらつと活動できないのは、当事者にとっても寂しい事でしょう。
天然の化学物質、フィトケミカルの類であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている揮発性の物質が、肝臓に存在している解毒酵素のスムーズな産出をサポートしているという真実が見えてきました。
様々な花粉症の症状(鼻みず、鼻づまり、クシャミなど)のせいで夜間しっかり眠れないと、それが誘因で慢性的な睡眠不足に陥り、翌朝起床してからの仕事に良くないダメージを与えるかもしれないのです。
万が一婦人科の検査で実際に女性ホルモンの量が基準値よりも少なくて早期閉経(premature menopause)と判明した場合は、不十分な女性ホルモンを補う処置等で良くなることができます。
悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、元来、身体をがんから保護する作用を持つ物質を製造するための金型ともいえる遺伝子の異常で発症する病気だというのは周知の事実です。
トコトリエノールの効果の中では抗酸化効果が殊更知られていると思いますが、他に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの産生を抑えるというようなことが言われています。
塩分や脂肪分の摂取過多をやめた上で無理しない程度の運動に努めるだけでなく、ストレスの少ない毎日を意識することが狭心症の主因となる動脈硬化を未然に防止する方法だといえます。
脳卒中のくも膜下出血はそのほとんどが脳動脈りゅうと言われる血管が変形してできる不必要な瘤(こぶ)が裂けることが要因となって罹患してしまう大変恐ろしい病気だということを多くの人が知っています。
近年患者数が増加している花粉症とは、杉や檜、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉に誘発され、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・鼻詰まり・鼻水などの不快でゆううつなアレルギー症状をもたらす病気であることは言うまでもありません。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを含んでいる血液や精液の他、唾液、母乳、腟分泌液等のあらゆる体液が、交渉相手などの粘膜部分や傷口等に触れることで、HIV感染の可能性が高くなってくるのです。