難聴

くしゃみや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の不快な諸症状は、アレルゲンである花粉の飛散している量に追従するように酷くなってしまうデータがあるとわかっています。
めまいが起こらず、辛い耳鳴りと難聴のみを幾度も繰り返すケースの事を区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メニエル)病」という名前で診断することもあるそうです。
脂漏性皮膚炎というものは皮脂分泌の異常により生じる湿疹で、分泌が乱れる主因としては男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの均衡の崩れやビタミンB群の枯渇等が大きいと言われているのです。
吐血と喀血は口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血は咽頭から肺を繋ぐ気道(きどう、呼吸器)からの出血のことで、吐血とは無腸間膜小腸より上にある食道などの消化管から出血する病状を言い表しているのです。
緊張型頭痛というものはデスクワークなどでの肩こり、首のこりによる最も多いタイプの頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような激しい痛さ」「頭が重苦しいような痛さ」と表現される症状が特徴です。
自分で外から見ただけでは骨を折ったかどうか自信がない時は、負傷してしまった位置の骨を優しく圧してみて、その部分に強烈な痛みが響けば骨折の可能性があります。
下腹の激しい痛みがみられる代表的な病には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、5mm〜10mm大の石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、子宮の病気など、様々な病名が挙げられるでしょう。
ストレスがかかり、蓄積していく構造や、有用なストレス対処法など、ストレスに関して深い知識を学んでいる人は、現時点ではまだ多くないようです。
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学上では股部白癬という病名で、白癬菌というカビの一種が陰嚢(いんのう)や股部、臀部などの場所に何らかの理由でうつり、寄生する病気の事であり水虫のことなのです。
基礎代謝量(kcal)は睡眠中ではない覚醒状態で生命活動を維持していく(心臓、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の維持等)ために必ず要る最低限のエネルギー消費量のことを指します。
なんとなく「ストレス」は、「溜めてはいけない」「除外しなければいけない」ものと考えがちですが、現に、私たちヒトは大小のストレスを受けているからこそ、生き延びていくことができています。
前立腺はその活動や成長に雄性ホルモン(男性ホルモン)がとても深く関係していますが、前立腺に発現したガンも同様に、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)の力で肥大化します。
紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが人体に吸収されるのを支える機能で有名であり、血液中のCa濃度を操作し、筋肉の動き方を操ったり、骨を作り出してくれます。
AIDS(エイズ)とはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染が原因のウイルス感染症の病名で、免疫不全となり些細な細菌などによる日和見感染や悪性腫瘍等を発症してしまう病状の事を指し示しています。
急性中耳炎は、最も患者数の多い中耳炎で比較的子どもに起こりやすい病気です。強い耳の痛みや38度以上の熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)などが発生するのです。