紫外線A波

30歳代で更年期が訪れるとすれば、医学用語で表現すると「早発閉経(早期閉経)」という女性疾患のことを指します(日本では40歳以下の比較的若い女性が閉経するケースを「早発閉経(early menopause)」と言っています)。
WHO(World Health Organization)は、紫外線A波の極度の浴び過ぎが皮膚の病気を誘引するとして、18歳以下の人が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を利用する活動の禁止を世界中に推奨しています。
汗疱状湿疹は主に掌や足の裏、または指の隙間などに小さめの水疱がみられる症状で、一般にはあせもと呼び、足の裏に出来ると足水虫と混同されることが多くあります。
不整脈の中でも期外収縮は、健康な人にも症状が現れることがあるためさほど難しい病気とはいえませんが、発作が数回に渡って続けて起こるケースは危険です。
5-HT神経は、自律神経の調節や痛みのブロック、様々な覚醒などを司っており、大うつ病の患者さんではその働きが落ちていることが証明されている。
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科的な施術ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」もしくはグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス術(CABG)」の二つの異なる技術が一般的に実施されています。
スギの木の花粉が飛散する春に、子どもが体温は平熱なのに頻繁にくしゃみをしたり水っ洟が止んでくれない状況なら、残念ながら杉花粉症の可能性が高いといえます。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、今までの研究の結果、予防の効用が望めるのは注射した14日後から約150日程度だろうということです。
いんきんたむし(陰金田虫)は20代〜30代の比較的若い男の人に多く見られる傾向があり、よくあるパターンとしては股間の辺りにのみ広がり、軽く運動したり、入浴後のように体がポカポカ温まると激しいかゆみに襲われます。
2005年(H17)年2月から特保のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の日本語の文章の明記が食品メーカーの義務となった。
ものを食べるという行為は、食物を気軽に口に入れたら何度か咀嚼して後は飲み込むだけだが、その後体は実にまめに機能して食物を人体に取り込むよう努力しているのだ。
骨を折ってひどく出血した場合に、急に低血圧となって周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや冷や汗、胸のムカつき、意識消失発作などの色々な脳貧血の症状があらわれるケースがあります。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという特徴があるので大気中に存在するオゾン層を通る際にその一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-Bは皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を壊したりして、皮ふに悪い影響をもたらすことが明らかになっています。
めまいが診られず、辛い耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを何回も繰り返すケースのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メニエル)病」と診断するような事例もあるようです。
1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に存在する血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまうことから、結果として膵臓から大半のインスリンが分泌されなくなることで発病に至る糖尿病なのです。