神経細胞

チェルノブイリ原発の爆発事故の長期間に及ぶ後追い調査の結果からは、成人と比較して体の小さい未成年のほうが広まった放射能の被害を一段と受けやすいことが判明しています。
世間では水虫といえば足を連想し、こと足指の間に現れる病気だと思われがちですが、白癬菌がうつるのは決して足しかないわけではなく、体中どこにでも感染する恐れがあるので注意してください。
鍼灸用のハリを患部に刺す、という直接的な程よい多数の刺激が、神経細胞を興奮させて、神経インパルスという通称の要は電気信号伝達を起こすのではないかと言われているのです。
近年患者数が増加している花粉症とは、山の杉やヒノキ、ブタクサなどの木や草の花粉が因子となって、クシャミ・目や皮膚の痒み・ノドの痛み・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気だということは、今や常識となりました。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことや能動喫煙・酒類・脂肪過多等の生活習慣の質の低下、ストレスなどによって、近年日本人に多く発症している病気なのです。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在する血糖値に関与しているβ細胞が損傷を受けてしまうことから、結果的に膵臓からは微々たる量のインスリンしか出なくなることで発症するという自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。
軽い捻挫と勝手に決め込んで、包帯やテーピングテープで患部を固定し、様子を窺うよりも、応急処置してから素早く整形外科で診てもらうことが、根治への近道だといえるのです。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、5日前後ちゃんとお薬を飲めば、普通、約90%の患者さんの自覚症状は消失しますが、食道の粘膜のダメージや炎症が治癒したとは言い切れないので留意してください。
狭心症(angina pectoris)の外科治療としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス手術(CABG)」の2つの異なる治療法が高い確率で使われています。
折り目正しい生活の継続、腹八分目の徹底、適切なスポーツ等、アナログとも言える自分の身体への配慮が肌のアンチエイジングにも役立つといえます。
耳鳴りには種類があって、当事者にしか聞こえないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血流のように当事者と他の人にも高品質なマイクロホンをあてたりすると感じることのできるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法が変わります。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が失われてしまった後に発売され、まったく同じ成分で金銭的な自己負担を下げられる(価格の安価な)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。
脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂分泌の異常が主因で起こる発疹で、皮脂分泌の異常の素因として男性ホルモンと女性ホルモンの不均衡、リボフラビンなどビタミンB複合体の慢性的な枯渇などが大きいと言われているのです。
陰金田虫は20代〜30代の比較的若い男の人に多い傾向があり、ほぼ股間部だけに広がり、激しい運動をしたり、風呂から上がった後など体がポカポカ温まると強い掻痒感をもたらします。
昨今、若い世代で結核(けっかく)の免疫力、すなわち抵抗力を持っていない人々が増加していることや、早合点のせいで診断が遅れることなどが主因の集団・院内感染が増えていると言われています。