バイパス移植手術

上が140以上、下が90以上の高血圧が長い間継続すると、全身の血管に重い負担がかかった結果、身体中のあちらこちらの血管に障害が巻き起こって、合併症を発症してしまう公算が拡大します。
20〜30才代で更年期になったとしたら、医学用語で表現すると「早期閉経(premature menopause)」という疾患に当てはまります(この国の場合40歳以下の比較的若い女の人が閉経するケースを「早期閉経(premature menopause)」と言います)。
冠動脈の異常である狭心症の外科的な施術としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」とグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス移植手術」の2種の手段が一般的に使用されています。
下腹の痛みを特徴とする主な病には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、卵巣の病気などがよく挙げられます。
流行性感冒、即ちインフルエンザに対応した予防の仕方や医師による処置等、このような必ず行う対策自体は、季節性のインフルエンザでも新型インフルエンザでもほとんど変わらないのです。
骨を折って大量出血してしまった際、急に低血圧となって目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、座っていても起こる意識消失発作などの様々な脳貧血症状が引き起こされる場合もあります。
汗疱状湿疹(汗疱)とは主に掌や足の裏、又は指の間などにプツプツとしたちっちゃな水疱ができる疾患で、通俗的にはあせもと呼ばれており、足の裏に出てくると水虫と間違われるケースが結構あります。
耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森林の杉や檜、蓬などの大量に放出される花粉が原因物質となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・微熱・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を発症させる病気だと広く知られています。
不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気でなくても現れることがあるのでさほど難しい健康障害ではないと考えられていますが、例えば発作が繰り返して発生するケースは危険だといえるでしょう。
折り目正しい生活の維持、食べ過ぎないこと、適度な軽い運動やスポーツなど、一見アナログともいえる身体に対する意識が老化防止にも活用されるといえます。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体内の脂肪が占有している率のことを指し、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(weight、キログラム )×100」という式で確認できます。
ポリフェノール最大の機能は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性のV.E.などとは性質が異なり、細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、細胞膜でも酸化を遅れさせる効果を持っているのです。
めまいが確認できず、しつこい耳鳴りと難聴の2つの症状をいつまでも繰り返すパターンを「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という病名で呼ぶケースがあることは意外と知られていません。
BMI(体格指数)の計算式はどこの国でも共通ですが、BMI値の評価基準は国によってそれぞれ少しずつ違っていて、JASSOではBMI値22が標準、BMI25以上の場合だと肥満、18.5未満の場合は低体重と定めています。
悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、普通、人間の体をがんから保護する役割を持つ物質を分泌するための型である遺伝子の異常が引き金となって発病する病気だと考えられています。