自律神経

70代以上のお年寄りや慢性的な病を患っている人などは、より肺炎を発症しやすくてなかなか治らないというと言われているので、予防策の実施や早めの処置が重要だといえます。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変化が見られないのに、体重だけが食物の摂取や排尿等で短時間で増減する場合は、体重が増えたら体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減少したら体脂肪率が上がることがわかっています。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを保有する精液や血液、腟分泌液や母乳といった類の体液が、交渉相手や乳飲み子などの傷口や粘膜部分等に接触すると、感染する危険性があります。
脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経を調整したり痛みを抑制し、器官の覚醒などを司っていて、単極性気分障害の患者さんはその働きが弱体化していることが証明されている。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な施術では大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング法」に加えて「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス手術」のふたつの治療方法が標準的に用いられています。
不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気でなくても起こることがあるため重大な心臓の障害ではないといわれていますが、例外として発作が相次いで起きるケースは危ない状態です。
アメリカやヨーロッパでは、新しい薬の特許が満了した4週間後には、市場のおよそ80%がジェネリック(後発医薬品)に替わるような医薬品もあるほど、後発医薬品は世界各国に知られているのです。
細菌やウィルスなど病気を齎す病原体が呼吸とともに肺に入り込んで発病し、肺全体が炎症を起こした容態を「肺炎」と断定しています。
悪性の腫瘍である卵巣ガンは、通常なら人体をガンにさせない作用をする物質を生み出すための型である遺伝子の異常が引き金となって発生してしまう病気だというのは周知の事実です。
子供の耳管の作りは、大人に比べて太い上に長さがあまりなく、なおかつ水平に近いため、菌が侵入しやすくなっているのです。幼い子供が急性中耳炎を発症しやすいのは、この構造が関係しています。
普通ならば骨折しない位のごく僅かな圧力でも、骨のある決まったエリアだけに複数回繰り返し続けてかかってしまうことで、骨折する事もあり得ます。
基礎代謝量(kcal)は就寝中ではない状態で命を維持する(心臓、口や鼻からの呼吸、腎臓の活動、体温や筋緊張の維持等)ために必要となる最も低いエネルギー消費量の事を指しているのです。
トコトリエノールの働きとしては酸化を遅らせる作用が一番認識されていると思いますが、他に肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの生産を抑制したりすることが知られています。
吐血と喀血、両方とも口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血とはのどから肺を繋いでいる気道(きどう、呼吸器の一つ)から出血する症状で、吐血は無腸間膜小腸よりも上部にある消化管から出血する症状を指しているのです。
「常に時間に追われている」「粘着質な色々な人間関係が嫌でしょうがない」「先端テクノロジーや情報のハイレベルな進歩に追いつくのが大変だ」など、ストレスが蓄積される元凶はみんな異なります。