脳が栄養

体重を減少させることと元の体重に急激に戻ることを何回も繰り返すと、基礎的にはそのうちに体重も体脂肪率も共に落ちにくくなるため、痩せられた後の基礎的な自己管理も重要ポイントなのである。

むやみな低栄養食を続けると、やがて脳が栄養の不足を非常に強く認識する。このままの状態を続けると恒常性機能が動き、体質を省エネルギーに変えて栄養の少ない状態に対応するのだ。

腹式呼吸はいわば主に横隔膜運動を使う呼吸を表し、内臓に刺激も与えます。こういった呼吸をすることにより上手に肺がO2を吸い上げ、脂肪燃焼の機能性が強化されます。
ダイエットすること自体を第一とする断食では、体重が戻ってしまうことをよけるため定まった期間の回復食を摂ることになる。断食した日にちと同じ期間は回復食で体を慣れさせる必要があるようである。

一般的なダイエットの1つの実例として全カロリーの管理、摂取した成分の制約、食欲を制御する脳の中枢の統制、と言うような方法が示すことができる。