経営者の代わりに率先

「経営者視点」と言う言葉で決まりごとを捻じ曲げる人は契約の重要さを舐めています。  
契約を舐める人はビジネスで信用は得られません。

物事の流れが見えたら、労働者がすることは経営者の代わりに率先して自社のブラック化を促進して醸成することではないのはわかるはずです。
まして、本筋からはなられて女性労働者やカーシェアリング 京都就業困難者を叩いて非難することではありません。 女叩いても貴方の世界ランキングは1つも上がりません。
貴方の目的とそのためのTo-Doを考えてみませんか? 前々からこの手の野次は存在していたと思いますが、 塩村都議に対する性差別野次が大きな話になったので炙り出された話ですね。
ちょっと過去の音声記録を探れば簡単に出てきてニュースになってしまうあたりが根深い問題を象徴しています。 この話は人口政策に関する議事での野次です。 子供がいないと人口が絡む政策を語る資格が無いって、どういう理屈なんでしょう? 障がい者対策の 話をするときは障害を抱えていないとダメなんですかね。