視聴者を流すような事

何事も疑うよりは信じた方が気持ちいいですが、モナの問題提起をこうも簡単に否定していいのかなぁと思います。

小泉内閣成立から鳩山夫婦漫才までの 報道と有権者の関係を考えるきっかけになると思います。

何も報道を疑うというのは、ただ感情的に否定するのではなく、熟慮して吟味して検証して正しい意見か否かを判定する事にすぎません。

報道の方も無責任だったり、ムードで視聴者を流すような事をせずに 事実を報道する。
報道も視聴者も そういうプロセスを面倒がってやらなかった事が、 鳩山内閣の右往左往や 大臣の暴走、鳩山夫妻のコントというツケになっているのだと思います。

「マスコミを疑ってみる事も大切」

山本モナの言葉を再び紹介します。
マスコミ関係にいた方が、マスコミを批判的に言うのは、とても大きな意味があると思います。
確かに、最近の世の中は情報によって動いている気がしてなりません。

日本人は情緒的でややもするとムードに流されやすいですからね。

モナはそうした日本人の性格みたいなものから距離を置いて物事を見れる立場にいるのかもしれません。。。